お部屋に爽やかな風を 流行の西海岸風インテリアを作るコツをご紹介します

皆さんこんにちは。
記念すべき初回の3 Style Projectは今、じわじわと来ている西海岸風インテリアの作り方のコツをご紹介します!
 
西海岸風インテリアとは、まるで海沿いにありそうなゆるーい雰囲気が漂うリゾートスタイルです。
ヴィンテージ感のあるアイテムを使うので男らしいカッコいいインテリアです。
 
まずはどんなスタイルなのか知ってもらうために、いくつか事例をご紹介します!
 
いくつか事例を載せましたががいかがですか?かっこ良いですよね!
一昔前の真っ黒なインテリアや、ガラスやシルバーのアイテムでまとめていた男性っぽいインテリアよりも断然センスのある空間ですよね。
 
自分の部屋をこんなインテリアにしてみたい!と思った人、まずは上の写真を参考に西海岸風インテリアの家具選びのポイントをご紹介しますので、参考にしてみてください。
 
 
ポイント1:まずは古材を使用したアイテムを入れましょう!
 
木の部分は古材やヴィンテージ感のあるアイテムを入れるとカッコいい雰囲気になります。
またアイアン(鉄)は古材に合うので、アイアンを使ったアイテムもオススメです。
ポイント2:ソファは革シートがgood! 
 
ソファは革シートの物を取り入れるのが一番簡単です。革の色はブラウン調でヴィンテージ感のある物がオススメです。
爽やかな雰囲気をお部屋に入れたい場合は、ストライプ柄やデニム生地のソファもオススメです。ただこれらはインパクトのあるアイテムなので、全体のバランスを見て合いそうだなと思ったら入れる方が良いですね。
フレームはアイアンや古材を使ったものだとよりヴィンテージ感が出ます。
ポイント3:ラグは好きな物を!
 
ざっくりでごめんなさい。。。(笑)とは言え、毛足の短いラグがオススメです!
雰囲気に合うものとしては、デニム生地のラグです。最近デニム生地の入ったリサイクル製のラグがインテリアショップ等で扱い始めてますのでショップで見てみてはいかがでしょうか?
 
また柄が入っている物がお好きな人は、ジャンクな柄がオススメです。ちょっととんがった物が好きな人は国旗柄のラグもオススメです。
 
オススメできないラグは、毛足の長いふわふわしたラグです。こういった物は西海岸風インテリアの雰囲気を壊してしまうので、使わない方が良いです。
ポイント4:照明はやっぱりシーリングファン
 
リゾート感を出すならやっぱりオススメはシーリングファンです。爽やかな雰囲気を出したい場合は白色、カッコいい雰囲気を出したい場合は黒色やシルバー色、リゾート感を強くしたい場合は木製の羽タイプを選ぶと良いでしょう。
 
ペンダントを使いたいという人はヴィンテージ調の物がオススメです。素材はホーロー製や鉄製の物を選ぶとヴィンテージ感が出るので良いでしょう。こちらも色は爽やかな雰囲気にしたい場合は白色、カッコいい雰囲気を出したい場合は黒色、又はシルバーや鉄そのものの色がオススメです。
 
その他は特徴のある形の照明を取り入れると空間にアクセントを加える事が出来るのでオススメです。
ポイント5:窓周りにはブラインドを
 
窓周りにはブラインドがオススメです!
素材はヴィンテージ調が良いです。最近は一般のメーカー品でヴィンテージ調の商品も出てきています。
色は爽やかな雰囲気にしたいなら白っぽい色や明るめの木目、カッコいい雰囲気にしたい場合は、濃いめの木目が良いでしょう。
ポイント6:小物は海を連想させる物を入れるのがgood!
 
西海岸風インテリアを演出するのに欠かせないのは海を連想させる小物です。
まず取り入れたいのはやっぱりサーフボードです。上のコーディネート例でもサーフボードを壁に立てかけて飾っていますが、サイズの大きい小物なので空いている空間にただ立てかけるだけで簡単に西海岸風インテリアを演出する事が出来ます。
最近はスケートボードを連想させるサイドテーブルも発売されています。こういったアイテムも西海岸風インテリアに合うのでオススメです。
フレーム(額)はインテリアには欠かせないアイテムですが、フレームも海を連想させるような素材のものを選ぶのがオススメです。古材っぽい素材で出来たフレームや、潮風でペンキが剥げたようなラフな風合いの素材で出来たフレームを選ぶと良いでしょう。デニム生地のソファやラグにあわせて爽やかなブルーのフレームを使うのもオススメです。
 
クッションはソファ同様、革製やデニム生地のものがオススメです。革のソファなら同素材の革クッションを置いてあげたり、爽やかな雰囲気を出したいのであればデニム生地のクッションを置いてあげるのも良いでしょう。革素材のクッションを使うのであれば、薄い茶色のソファなら濃い茶色のクッション、濃い茶色のソファなら薄い茶色のクッションを置く等、少し色を変えてあげると良いでしょう。
デニム生地ソファには革クッションがオススメです。デニム生地のソファにデニムクッションを置くと少ししつこくなってしまうので、あまりオススメできません。
普通の生地のクッションを置きたい場合は、生地の粗いざっくりした印象のクッションが良いでしょう。
 
あと大事なのは、グリーンを取り入れる事です。海沿いにあるようなリゾート感を出すために、グリーンは要所要所に置いてあげると良いでしょう。
グリーンの飾り方のコツはこちらのコンテンツをご覧下さい。
コンテンツ:緑のある生活
 
アンティーク感のある世界地図や国旗を壁に貼ってあげるのも西海岸風インテリアを演出するのにとても良いアイテムです。
 
小物はアイテムが多いですので、全部ご紹介するのは難しいですが、基本的には家具の雰囲気に合わせてヴィンテージ感のある物を入れると良いでしょう。
番外編:西海岸風の家を作りたい人はこんな工夫も
 
番外編ではこれから家を建てる予定で、西海岸風の空間にしたいという人のために内装等のコツをちょっとだけ教えちゃいます!
 
まずフローリングのオススメはやっぱりヴィンテージ感のある無垢床!木の温もりをしっかり感じる事が出来る無垢床は西海岸風の家に限らずオススメです。ただ無垢床は価格が高く、メンテナンスも定期的に必要になってきます。
最近は無垢風の床タイルも色々なメーカーから発売されているので、予算が合わない等の方はそういった物もありではないでしょうか?
色は家具と一緒で爽やかな空間にしたい場合は、白や明るい色味がオススメです。カッコいい雰囲気が好きな方は濃い茶色が良いでしょう。
 
壁は一番雰囲気が出るのはヴィンテージ感のある板を貼る事です。部屋全体に貼りたいという方は、白色か明るい色目のものを貼りましょう。濃い茶色の板を全体に貼ると部屋の雰囲気が重くなってしまうので注意です。濃い茶色の板を貼りたい場合は、アクセントで面積が狭い所に貼ると良いと思います。
カッコいい雰囲気にしたい場合は、コンクリート打ちっ放しもオススメです!板張りとコンクリート打ちっ放しの組合せも良いですね!
両方とも壁紙よりも価格が高いものですので、予算的に難しいようであれば、板張り・コンクリート調の壁紙という方法も良いと思います。
 
窓は間取り的に可能であれば、外に続くような大きいテラス窓等があると開放感が出て、より西海岸風の空間を演出する事が出来ます。
意外に大切なのは、窓の色です。窓の色も家具や壁の色同様、爽やかな空間にしたい場合は白色の窓枠、カッコいい雰囲気が好きな方は黒色やヴィンテージ調の濃い木枠にしましょう。
 
それ以外にも建具の色やタイルを使ってみる等、色々ありますが、番外編ですのでこのくらいにしておきますね(笑)内装は色々な選択肢があるので家を建てる際に、設計士の方としっかり打合せをしましょう!
 
いかがでしたでしょうか?
少しでも西海岸風インテリアの事を知って頂けたら嬉しいです。
この西海岸風インテリアは男性だけでなく、女性にも人気のあるスタイルですので気に入ったという方はぜひ挑戦してみてください。
また今回ご紹介したポイントは基本的な事ですので、コツをつかんだらどんどん自分オリジナルにアレンジしてかっこいい空間を作ってみてください!
 
このスタイルが気に入ったけど時間がない、やっぱり作れる自信がないという方はお手伝いさせて頂きますので、下のフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい^ ^
お問い合わせ

インテリアスタイリスト、インテリアコーディネーター窪田俊の公式HPです。

皆さんにインテリアを楽しんでもらうために、様々な活動をしています。

東京を中心に関東近郊でモデルルームやシェアハウス、個人のお宅、店舗、雑誌や広告等の媒体のインテリアスタイリング等の活動をしています。

まずはお気軽にご連絡下さい!

空間全体からプロップスまで幅広いスタイリングを担当致します。