センスを磨いておしゃれな部屋作り

 

みなさんは「インテリア」が何を指しているのかご存じでしょうか?室内にある家具をはじめ、カーテンや壁紙、さらには照明器具やキッチンなどの設備も含めてインテリアなのです。つまり「インテリア」は全ての室内空間装飾品を指しています。最近では、そんなインテリアと調和するおしゃれなデザインの家電も登場し、家電ショップにいながら雑貨屋さんにいるような感覚になる事もしばしばあります。

今や女性だけでなく男性も、おしゃれな部屋作りにこだわる方が増えています。部屋をおしゃれにレイアウトする事でどのような変化が起こるのでしょうか。

 

部屋というのは日々の生活の半分を過ごす場所なので、リラックス出来る空間に出来上がっていると思います。時には模様替えする事で気持ちをリフレッシュさせる事も出来ます。今まで使っていた家具を移動させたり、カーテンやシーツを変えてみたりするだけでも、お部屋の雰囲気はガラリと変わります。

また、部屋をおしゃれにレイアウトする事で、友人や恋人を招待したくなる方も多いと思います。例えば、寒い季節の鍋パーティやクリスマスパーティ、ママ友同士で集まってティータイムなど、おしゃれな空間だからこそ、自宅でもみんなで楽しむ事が出来ます。生活感が感じられるお部屋だと、おしゃれな雰囲気を演出する事が難しく、友人を呼ぶのもためらってしまう、という方も少なくないはずです。

しかし、おしゃれな部屋を目指して自分でコーディネートしても、家具や雑貨にこだわりすぎて生活スペースが狭くなってしまった、全体的にまとまりがなくなってしまったなど、普段の生活に支障を来してしまう事もあります。

 

モデルルームや雑誌で紹介されているおしゃれな部屋に憧れを抱く方は多いと思います。しかし、いざ自分でインテリアコーディネートをすると思い通りにいかず、センスがないと諦めてしまう人も少なくありません。でも簡単に諦めないで下さい。センスは結構簡単に磨く事が出来るんです。全く料理が出来なかったという人も、毎日料理をしていれば上達していきます。レシピ通りではないけど余った食材で自分流にアレンジして料理も出来るようになってきます。料理と違うのは、毎日実践出来ないと言う事です。

そこでここでは日常生活でインテリアのセンスを磨くコツをいくつかご紹介致します。

 

●雑誌やカタログをスクラップする

おしゃれな部屋を作るための第一歩として、インテリア本や部屋のコーディネート本を読むことから始める方は多いと思いますが、スクラップすることもおすすめです。スクラップすることで自分の好みが頭にインプットされます。自分の気に入った部屋を知ることで、自分がどんな部屋にしたいかや、部屋のテーマも見えてきます。

スクラップした記事をお部屋に貼ると、それだけで壁のデコレーションにもなるのでおすすめです。

自分も壁にスクラップしたものをたくさん貼っています^ ^

 

●おしゃれな部屋やインテリアを体験する

おしゃれな部屋作りをするためには、おしゃれな空間や良いインテリアに実際に触れることも大切です。頭で考えるだけではなく、実際に触れることでこのソファの生地好きだな、このテーブルの天板の素材良いなぁなどと楽しい出会いがあります。

そういったインテリアとの触れ合いがセンスを磨いてくれます。モデルルームなどで家具やカーテンなど、質のいいインテリアやレイアウトを学んだり、おしゃれなカフェやインテリショップ、レストランもセンスを磨ける絶好の空間です。

 

 

●気に入ったインテリアを真似する

おしゃれな部屋作りをするためには、おしゃれな空間や良いインテリアに実際に触れることも大切です。頭で考えるだけではなく、実際に触れることでこのソファの生地好きだな、このテーブルの天板の素材良いなぁなどと楽しい出会いがあります。

そういったインテリアとの触れ合いがセンスを磨いてくれます。モデルルームなどで家具やカーテンなど、質のいいインテリアやレイアウトを学んだり、おしゃれなカフェやインテリショップ、レストランもセンスを磨ける絶好の空間です。

●写真を撮って客観的に見る

自分の部屋を写真に撮り、コンパクトなサイズで見ることで、自分の部屋を客観的に見直すことが出来ます。全体のバランスを見ることで違和感に気付き、さらに良くするヒントを得ることが出来ます。

​F.I.N.D UNIT

インテリアスタイリストの窪田俊とフローリストHarunaによるデザインユニット。

​お仕事のご依頼はメールや問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。