素材の基本

 

インテリアに使われている素材は様々です。どんな物が思い浮かびますか?

・木

・ファブリック

・革

・アイアン(鉄・スチール等)

・プラスチック

・ガラス

主に使われている素材というと大体このくらいです。たまにその他の素材で作られている家具もありますが、、、じゃあどの素材の家具が一番良いの!?って思うかもしれませんが、正解はありません!どの素材もコーディネートの仕方によって良くも悪くもなるからです。

でも殆どの人が一番に思いつく木というのは絶対に外せなません。おしゃれな部屋を作るにはやはり木は凄い重要な事だなと思います。

インテリアショップを見ると木製の家具は100%と言っても良い程置いてありますよね。

ここでは木の事についてもう少し詳しく説明をしていきたいと思います。

 

木を使ってる空間は何かおしゃれ

木の種類と特徴

 

同じ木製でも家具の金額って物によって全然違いますよね。それは使われている木の値段による所がとても大きいんです。ここでまずは木の種類の事について書いて行きます。あまり面白くないかもしれませんが、大切な事なので読んでおいてください。

無垢材とか突き板等の言葉が出てきますが、そこらへんはまた後で説明しますね。ここではよく家具に使用される木材をいくつか紹介していきます。

 

・オーク 曲げ加工等がしやすいので、椅子等によく使われる材料です。また堅い木材なので、テーブルの天板等にも使われます。

 

・ウォルナット 狂いが少ない木材で美しい木目と優れた耐久性、重厚感のある落ち着いた色調が特徴でツヤ出し加工で美しく仕上がることから高級 家具として使われる木材です。

 

・ゴム 比較的柔らかい材料で滑らかな肌触りが特徴です。堅さや強度では他の材料には少し劣りますが無垢材の中ではコストパフォーマンスが良い ので、おすすめです。

 

・チーク 狂いが少なく、強度や耐久性が高い高級材料です。美しい木目が特長です。価格が高いので、無垢材として使用ではなく、薄くスライスさ れて突き板として使用される事も多いです。

 

・アッシュ 清潔感のある色白な木肌でコーディネートしやすく、また木本来の上品な雰囲気を活かし、温かみのある落ち着いた空間を演出するには 最適の木材です。適度に強度があり加工性にも優れているので、家具だけでなく、床や壁など、強度が要求される建築

 材としても多く用いられています。

 

・パイン 加工がしやすい材で、無着色の物は年月が経つと飴色に変化し、綺麗です。カントリー調の家具によく使われる材料です。

 節が多いため、反りや狂いが出来やすい家具ですが、その特長を活かして最近はパインの古材でヴィンテージ調の家具材料として使われる事も多く なってきましたね。

Show More

オーク

ウォルナット

ゴム

チーク

アッシュ

パイン

いかがでしたでしょうか^ ^?

インテリアに興味が無い方でも、部屋に少なくとも1つは木の家具はあると思います^ ^

木にも色んな表情があるので木の事を知るととても楽しいです。せっかくなので、お気に入りの木を見付けてみてはいかがでしょうか?

​F.I.N.D UNIT

インテリアスタイリストの窪田俊とフローリストHarunaによるデザインユニット。

​お仕事のご依頼はメールや問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。